学資保険

学資保険

学資保険のご相談

なぜ教育資金の積立て計画が必要なのか?

幼稚園から高校までの学習費総額は、全て公立に通った場合では約527万円、全て私立に通った場合では、約1,771万円にものぼります。

教育資金の積立ては早ければ早いほどベターであるため、学資保険などによる準備が必要とされるのです。

教育資金の積立てとして、なぜ生命保険を使った教育資金積立てがポピュラーなのでしょう?

ひとつは期間途中でアクシデントがあっても、当初の計画通り教育資金を確保できること、またお子様の進学時期に合わせて支払期間を設定できること、この2点が学資保険を選ぶ大きな理由になっています。

学資保険の必要性って??

お子様が生まれたら、教育資金の積み立てのための学資保険に加入を検討される方が多いと思います。
では、なぜ教育資金の積立が必要か?
いくらくらい必要か?
実際の金額で見てみましょう!

幼稚園から高校までの学習費総額

すべて公立に通った場合 ▶ 527万円

 すべて私立に通った場合 ▶ 1,830万円

出典:文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」

大学進学時から卒業までにかかる費用を心配している親御さんも多いのが現状です。
特に、1人暮らしなどを伴う進学となると、かかる費用も多くなってきています。

大学進学から卒業までの費用

国立大学:下宿・アパート暮らし   ▶ 825万円

私立文系大学:下宿・アパート暮らし ▶ 987万円

 私立理系大学:下宿・アパート暮らし ▶ 1,110万円

出典:文部科学省「平成26年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」

独立行政法人日本学生支援機構「平成26年度学生生活調査」
日本政策金融公庫「平成27年度 教育費負担の実態調査結果」をもとにセールス
手帖者保険FPS研究所試算

学資保険で教育資金を積み立てるときのポイント

  1. 教育費がかかる時期にきちんと受取れるものかどうかの確認!

  2. 親(契約者)に万が一の事があった場合にも、必要な教育資金をきちんと用意できるものかどうかの確認!

  3. お子様の医療保険はいる?いらない?をよく検討すること!

  4. 国が認めている優遇税制をフル活用(お孫さんの教育資金の贈与の特例等)