保険とお金のお役立ちブログ

・皆さんご存知のように、昨年度の税制改正で大きく様変わりをしました。 今日お話しする内容は、○得情報だからと言って決して法を逸脱する事ではございません。正しい知識を身に着けて、これから始まる増税という波を上手く乗りこなしましょう。という思いの元に、綴っておりますのでどうか誤解は起こさずご覧ください。

こんにちは。パルナ佐原東店の川口です。 今回のテーマは「老後資金の準備方法」です。 お客さまで「老後はまだまだ先のことだと思ってあまり気にしていなかったのですが、50歳を過ぎて、急に老後の生活資金が心配になってしまいました。」という方がいらっしゃいました。

こんにちは。水戸店 田口です。 寒風吹きすさぶ昨今ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか? お正月も気がつけばあっという間に過ぎてしまい、2月も目前となりいよいよ受験シーズンですね。受験生をお持ちの親御様にとっては御心配の毎日かと思います。お子様も親御様のご心配と期待に応えるために一生懸命受験勉強を頑張っていらっしゃるのでははいでしょうか? では今回は受験シーズンということもあり教育資金はどのくらい必要なのか?を少しだけお話したいと思います。

こんにちは。水戸店 成田です。 新年明けましておめでとうございます。 本年もスタッフ一同、皆様のお役に立つ情報をどんどん発信していけるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。 さて、今年第一回目は年金のお話です。 メディアでも頻繁に取り上げられる年金問題… 不安を感じられている方も多いと思います。

こんにちは!水戸店の菅谷です。 自分や家族が突然入院をしてしまったら、あなたはどうしますか? 病気やケガで治療を受けたときの医療費については、すべて自己負担となるわけではありませんが、公的な医療保険制度を基本として、不足があれば準備しておくと、いざというとき安心です。 公的医療保険による自己負担は、実際にかかった医療費の一部分です。 具体的な自己負担は、小学校入学以後~69歳までは3割、小学校入学前は2割です。 70歳以上は一般で1割、現役並み所得者で3割です。

こんばんは!鹿嶋店の前島です。 最近一段と寒くなってきましたね!皆さまお体ご自愛くださいませ。 さてさて、前回の岡本さんの記事で「高額療養費」の説明がありましたので、 私は健康保険の“耳より情報”をお伝えしますね。 まずおさらいですが・・・ 『高額療養費』とは、医療費の自己負担が高額になったときに、一定額を超えた分があとで健康保険から支給される制度です。 とってもありがたいこの制度、ご存知の方も多いと思います。

こんにちは!パルナ店の岡本です! 前回、生命保険選びに悩んだときは、なぜ保険に加入するのかをもう一度よく考えてみてください。というところで終わりにしましたが、この点は保険を選ぶときにスムーズに進めていく為のポイントです。これさえわかっていれば、生命保険は難しくも複雑でもありません。

求人情報